格安航空券の価値は状況に応じてより価値が向上します

航空券は購入する状況に応じて大きく値段が変わる商品です。
ですから、その時々の値段の変化や割引条件などを大雑把にでも把握した上で自分にとっての格安航空券を探すことをおすすめします。

航空券には空席が生まれやすい季節にあわせて割引料金が設定されています

yasui-kokuken
航空券にはシーズナリティーという季節毎の割引料金が設定されています。
ですから、季節毎の値段の変化を覚えた上で、割引度合いにあわせてスケジュールを組めば、大きく旅行に必要な費用を低減することが可能です。
具体的には、旅行者が少なく、飛行機に空席が生まれやすい4月から6月や10月から12月などの長期休暇の合間は普段よりも航空券の料金が安くなっています。
一方で、たくさんの人が帰省や旅行などで飛行機を利用する年末年始や夏休み、ゴールデンウィークなどの長期休暇は普段よりも料金が高く設定されているので注意が必要です。
また同時期の航空券を利用する場合でも、利用する会社の予約状況によって値段が異なるので、会社同士の値段の違いは必ず確認するようにしましょう。

経由便航空券は経由する場所によって大きく価値が変わります

航空券の値段が同じかあるいはどちらかが割引であっても、経由便の経由地によって旅行の質は大きく変化します。
その中でも特に、沖縄や北海道など、長距離路線をとらなければならない場合には経由地に注意が必要です。
乗り継ぎする場所によっては、乗り継ぎまでの時間が半日から1泊以上かかる場合もあるからです。
同じ値段で同じ場所に向かう航空券であっても、乗り継ぎ時間が少ない方が実質的にお得と言えます。
仕事で長距離移動する場合には、乗り継ぎにかかる時間を仕事に充てられますし、旅行する場合でもその分だけより多くの観光地をまわることが可能です。

時間に余裕があれば留まっている経由地を観光することもできます

時間に余裕がある場合には、留まっている時間を利用して、乗り継ぎまでの間、経由地を観光することも可能です。
ですから、経由便の航空券を買う際には、値段に加えて、その経由地も必ず確認してみましょう。
そして、もしも経由地に興味がある場合には、多少乗り継ぎまで時間がかかる経由地であっても、観光する目的でその経由地を経由する航空券を買うこともおすすめします。

航空券の発着時間によって現地を観光できる時間や発生する宿泊料金が変わります

航空券を買う際には、必ず現地の発着時間を確認するようにしましょう。
例えば、現地到着が夜であり、滞在した後の最終日の現地出発が朝であった場合、現地での観光時間が短くなる上に宿泊費も余分に発生してしまいます。
一方で、そのように発着時間によって費用や観光に不利が発生する場合には、通常よりも航空券そのものの値段が割り引きされているケースも多いです。
ですから、スケジュールや値段に応じて、どのような発着時間の飛行機を利用するか慎重に検討することをおすすめします。

発着時間が未定となっている航空券は人気が低い発着時間帯の飛行機を利用することになることがあります

数ある航空券の中には、発着時間が未定となっている航空券も存在します。
発着時間が未定の航空券は、基本的に現地の空港の発着や座席状況によって時間が設定されるものです。
しかし、状況によっては人気が低い、到着が夜で出発が朝の発着時間帯の飛行機を利用する場合があることは理解しましょう。

値段が高騰する旅行シーズンの航空券は定価で買える正規航空券を予約しておきましょう

値段が高くなりがちな旅行シーズンには、定価で販売されている正規航空券を購入することをおすすめします。
なぜならば、長期休暇などの旅行シーズンにはJAL格安航空券を取得するどころか定価よりも割高になりやすいからです。
季節によって航空券の料金は上下するものであり、ピーク時には低下の三倍以上にもなる場合もあります。
数ある格安航空券は、定価の航空券より安い分、基本的に飛行機に乗る優先順位が低く設定されているので、旅行シーズンには取得できません。
しかし、330日前から予約可能な正規航空券を旅行シーズンに向けて事前に予約し、発券することで、結果的に格安で旅行シーズンの航空券を利用可能です。
その時々によって最安値の航空券を購入することに加えて、航空券の航路や座席、サービス内容なども確認することでよりお得に飛行機を利用できます。
飛行機を利用する際には、ぜひともあらゆる角度から航空券の価値を見直してみてください。